530号(20年10月)

《健康よもやま話》聞いてなるほど良い睡眠とふとんの話

西川株式会社営業企画統括部
吉田 幸司氏[スリープマスター]


 皆様、こんにちは。私たちは、2019年2月に旧東京西川・西川リビング・京都西川が統合して西川株式会社として再スタートしました。今回は良い睡眠とふとんのお話を紹介したいと思います。


「良い睡眠」をとるには!?

 「良い睡眠」を一言で言えば「ぐっすり眠ってスッキリ目覚める」こと。この良い睡眠の実感ポイントは
@眠るまでの時間が短い
A途中で目が覚めない
B朝スッキリと目覚める
の3つです。
 でもヒトの睡眠は気温やストレス、加齢など様々な影響を受けるので、なかなか難しいですよね。私も『明日、重要な会議がある』と思うと緊張であまり眠れなかったりします。しかし睡眠には、免疫力の増強、疲労回復、成長ホルモンの分泌など、健康な生活のための役割がたくさんありますので、良い睡眠をとれるようにしなければなりません。
 良い睡眠には次の準備が大切です。
@生活リズムを整える
 同じ時間に寝て、同じ時間に起床する。これを繰り返すと生活リズムができて睡眠の質が良くなります。また起床後、太陽光を浴びることもオススメです。
A睡眠環境を整える
●明るさと音
 眠るときは、モノがうっすらと見える程度の明るさ(10ルクス程度)、図書館ぐらいの静かさ(30〜40dB程度)がおススメです。
●温度と湿度
 部屋の温度は夏場28℃以下、冬場10℃以上が目安です。湿度は年間を通じ50%RH程度が理想です。
●香り
 ラベンダーやローズなどの香りは就寝前にリラックスさせる香りとして有名ですね。


良い睡眠をサポートするふとん

 次は『ふとん』の話です。
 ふとんの元々の重要な要素は冬の寒さ対策でした。西川では、ただ寝る道具に過ぎなかった寝具に機能性を持たせ、より良い睡眠をサポートする道具としてその重要性を提案する寝具改善運動を70年以上展開しました。1960年頃からは健康や快適をキーワードにした寝具を開発し、その後も様々な研究も行いながら、ふとんの性能を飛躍的に上昇させてきました。
 掛けふとんの性能は、「保温性」「吸放湿性」「ドレープ性」「軽さ」がポイント。羽毛ふとんは代表例です。敷きふとんやまくらには「身体を適切に支える」「寝返りが打ちやすい」などの役割があります。市場にはいろいろな種類のふとんが流通していますが、一番大切なのはそのヒトに合った寝具を選ぶことです。信頼できる寝具店などにご相談ください。


夜中に目が覚めたり、朝早く目が覚める方へ

 40歳を過ぎると夜中に目が覚めたり、朝早く目が覚めてしまうという相談をよく受けますが、これはごく自然なことです。と言っても眠れないのはツラいですよね。加齢による睡眠の変化を止めることはできませんが、睡眠と昼の活動には大きな関係がありますので、睡眠の質を上げる5つのポイントを紹介しましょう。
 @お昼寝は重要なポイントです。時間帯は昼食後から午後3時までに30分程度がおススメです。でも夜の睡眠に影響しますので1時間以上は絶対ダメです。
 A日中はできるだけ動くことを心掛けましょう。
 B夕食後、ゆっくりと入浴して体を温めましょう。
 C日中の生活の充実が睡眠に良い影響を与えます。何か楽しみを見つけて熱中することはとても良いことです。
 D合わない寝具は中途覚醒の原因にもなります。自分や季節に合った寝具を使いましょう。
 眠れないときは無理に眠ろうとせず、自然な眠りを待つ。そんな心境になれば、眠ることが楽になり、良い睡眠に近づくかもしれません。お気に入りの寝具で良い睡眠をとって、イキイキと健康的な毎日を楽しみましょう。

→福祉・健康