526号(20年6月)

令和2年春 旭日双光章を受賞して

宮崎県地域婦人連絡協議会
会長 谷口由美繪


 令和2年5月「男女共同参画社会形成推進功労」として、はからずも旭日双光章を受賞致しました。全く予期せぬ出来事に驚きと戸惑いで「私が」「婦人会が」と恐縮した次第でした。
 昭和時代の太平洋戦争後、先輩達は女性の「権利」を主張し「英知」と「団結」で女性の新時代を開きました。そして平成時代の三十年間にはより充実した女性の時代へと発展いたしました。今まさに男女共同参画時代。国をはじめ地域も職場も女性の斬新な知恵と行動力を必要とし、また期待されています。
 このような中、昨年6月「男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰」が総理大臣官邸で開催されました。多年にわたり男女共同参画社会づくりに向けた活動とその推進に貢献したことの評価でした。
 この2つの賞は活動を共にする婦人会全員にいただいた賞であることを誇りに思い感激いたしました。豊かで活力ある男女共同参画社会の形成と促進を最大限に生かし、今後も活動して参りたいと、心新たに決心いたしました。

→地域社会