508号(18年12月)

北方領土返還要求 国会請願

北方領土の返還促進をう

 11月26日、全国から集まった北方領土返還要求の署名を携え、衆参議院へ国会請願が行われました。全地婦連からは岩田繁子会長が請願団員として参加し、北方領土の返還促進を訴えました。

発言する岩田会長=11月26日
 
宮腰大臣に全国大会の宣言・決議を手渡す
 衆議院では北方領土返還要求運動連絡協議会(北連協)の副議長として、岩田繁子会長が次のように発言しました。
 「北連協は北方四島の返還を求め、昭和43年に発足した青年・婦人・労働・その他の団体が加盟している民間の協議会です。各団体それぞれの特性を活かし、広範な返還要求運動に取り組んできました。このたび、日ロ交渉の新たな展開の兆しが見えてきたところで、ぜひ、元島民の皆さんをはじめ、私ども北連協、そして国民の望む北方領土の返還を、実現していただきたいと心より願っております」。
 その後、富山県選出で北方領土問題や消費者問題を担当する宮腰光寛内閣府特命担当大臣を訪問し、第66回全国地域婦人団体研究大会の、宣言・決議を手渡しました。

→北方領土問題