491号(17年7月)

地域活動ニュース(福岡県)

自分の身は自分で守りまショー

福岡県会長 木下 幸子

福岡

交通安全ファッションショー。
光っているのは反射材です

 福岡県地域婦人会連絡協議会では、6月1日に総会と併せて、防火・防災・交通安全をテーマにしたファッションショーを開催しました。
 私の地元中間市婦人会でも毎年実施してきた経験から、この催しが組織の活性化にとても役立つと考え、県全体に紹介するため、今回は福岡県地域婦人会連絡協議会の各地域の代表(会長)をモデルにファッションショーを企画しました。
 地域の会長はショーで着用する衣装を、自前の普段着でそろえます。服の選択に迷い、眠れない会長もいたと聞きます。さらに、ショーの進行にはメイクやランウェイを歩く姿勢も重要な要素です。今回、各会長モデル
はこの重要な役目を完璧に果たしました。
 また、県の男性職員のご協力もあり、屈強な男性職員にエスコートされた会長モデルの表情・姿が、普段見せないくらい明るく、楽しいものだったことが印象的で、会員のみなさんにも大好評、テレビのニュースでも放
送されました。
 このような催しは、現在の婦人会が置かれている状況の中で、婦人会組織の今後を見据えた事業展開に非常に有益だと感じます。

→地域社会