487号(17年3月)

研修講座 わかりやすい文章の書き方(全国婦人会館)

 一般財団法人全国婦人会館の公益事業の一つ、団体の実務者向け研修講座が3月1日に、全国婦人会館で開催されました。
 内容は「わかりやすい文章の書き方」で、講師は読売新聞元論説副委員長で文筆家の徳永文一さんです。全地婦連加盟団体から、機関紙や広報紙づくりに携わる27人が参加しました。
 あるコラムニストの記事を例に、徳永さんが手直ししたものは、より読みやすくテンポのよい文章になりました。
 文章を書くのに何より大切なことは、自分が楽しんで書くこと、面白がって書くことで、読んでもらうためには工夫も必要です。パッと見た印象も大切、などの要点を学びました。
 紙面づくりでは、「記事を具体的に書き、抽象的な言葉でつづらないこと」を心がけたい、などの感想も聞かれました。

講師の徳永文一さん
→研修・講座