487号(17年3月)

「女将さん食堂」の運営(島根県)

島根県都賀地域婦人会 高橋由美
女将さん食堂ランチ

 昨春、島根県美郷町の「道の駅グリーンロード大和」が、リニューアルオープンしました。指定管理業者が変わり、運営を引き継いだのは、地元住民が出資して設立された「合同会社だいもわんど」という新会社です。都賀地域婦人会も構成団体として、準備段階から今日まで5年にわたり携わっていますが、その中でも大きな役割のひとつが、「女将さん食堂」の運営です。

 道の駅グリーンロード大和は、レストラン、産直市、売店の3つの建物が並ぶ、小さな道の駅です。平日はレストランでカレー、オムライス、丼物など、ボリュームのあるメニューで、仕事の途中で立ち寄る人たちをもてなしています。
 週末になると婦人会の「女将さん食堂」が、観光に訪れた人や地元住民を対象に、地産地消、手づくりにこだわった昼定食を提供しています。
 都賀地域婦人会の会員は132人。その中から料理自慢の10人が2つのグループに分かれ、土・日のレストランで腕をふるっています。
 元栄養士、学校給食や高齢者施設の元調理員らが多く携わり、衛生管理についても万全の態勢で取り組んでいます。

その日の献立をSNSにアップ

 私は道の駅の駅長として勤務する一方、婦人会の会員としてレストラン事業の運営にも携わっています。料理はあまり得意ではないのですが、食べるのは大好き。週末の女将さん食堂の日は、少し早めにランチを作ってもらい、味見するのが私の役目で、スマートフォンで撮影し、完食後、SNSに感想を添えて掲載すると、瞬く間に「いいね」の数が増えます。
 それに連動するかのように、ランチタイムが始まる11時30分には、23席のテーブルが満席になることもあります。

食材は地産地消で

食堂の舞台裏

 食材は、隣接する「まほろば産直市」と売店の「だいわマート」で仕入れ、身近な素材を創意工夫し提供しています。
 先日は「大根餃子」なる一品がメニューに載りました。太めの大根を薄くスライスし、それに餃子の具を包んで焼いた物です。いろいろな料理に使えてとても重宝する大根ですが、それが餃子の皮になるとは!ツルンとした食感もお客さまに大好評でした。
 から揚げや、ハンバーグなど、子どもたちが大好きなメニューも、女将さんたちが作ると一味も二味も違います。20代、30代の子育て世代のお母さんから、料理のコツを聞かれることもしばしばとか。
 婦人会は「女将さん食堂」の他に、加工品づくりにも力を入れています。麹と米で作る「甘酒」は、すっきりとした自然の甘味が好評で、「まほろば産直市」の主力商品です。
 道の駅の駅長として婦人会の皆さんに感謝する一方、こんなに実のある活動をする婦人会員であることを誇りに思う、一会員です。

→地域社会