486号(17年2月)

歯舞漁協の昆布料理講習会

全7品のお献立

 歯舞漁協では歯舞産昆布をもっと多くの人に知ってもらおうと、毎年各地で歯舞漁協女性部を講師に昆布料理講習会を開催しています。
 昨秋は、10月14日に長野県上田市、10月27日に島根県吉賀町、11月10日に千葉県富津市で開催しました。

献立は7品

 まず、地元や歯舞産昆布の特長などを紹介し、メニューの手順などを説明し、調理に移りました。メニューは早煮昆布を使用した「豚肉と野菜の昆布巻」「昆布と長イモのサラダ」「昆布ごはん」、歯舞地域でおなじみの「結び昆布」など、全7品を作りました。
 参加者からは調理方法や昆布の扱い方などについて多くの質問があり、出来上がった料理はとても好評でした。
 昆布の消費量は全国的に年々減少傾向にあります。今後もこうした取り組みを続け、昆布の消費拡大と歯舞産昆布の認知度アップを目指していきます。
 参加された皆さんが、習った昆布料理をご家庭や地域に広めてくださるよう、期待しています。

講習会の様子=10月27日島根県 講習会の様子=11月10日千葉県

(歯舞漁業協同組合)

→研修・講座
→北方領土問題