477号(16年5月)

地域活動ニュース(秋田)

秋田交通安全音頭
=4月6日、北欧の杜公園

 上小阿仁村交通安全母の会では10年前から「ふるさと秋田 交通安全音頭」を敬老会や産業祭などのイベントで披露し“交通安全は県民すべての願い”の理念のもと、北秋田地域のみならず、全県に普及を推進しています。
 この音頭は平成18年に、北秋田市のアマチュアバンドのメンバーである北秋田警察署員が作詞作曲してCDを作成、同僚の女性警察署員(現母の会会員)が振り付けをしたものです。
 春の全国交通安全運動の初日の4月6日は、15の関係機関や団体など230人ほどが参加した決起集会でした。
 母の会61人がそろいのピンクのはんてんで踊りを披露し、交通安全への機運を盛り上げました。踊る私たちに「まるで桜の花が咲いたようだ」とお褒めの言葉もいただきました。
 今後の方策は「交通安全教育は子どものうちから」をモットーに、北秋田市内の小学校5校を訪問、来春の運動会には全校児童に「交通安全音頭」を踊っていただくよう協力要請をしました。
 その結果5月8日の鷹巣小学校の運動会には、全校児童371人と母の会会員が一緒に踊ることが決定し、今から楽しみでいっぱいです。
 私たち婦人会(母の会)は、誇りを持って地域とともに活動しています。

→地域活動