475号(16年3月)

地域活動ニュース(高知)

写真提供=NPO法人いなかみ

高校生のレシピを継ぐ ゆずのパウンドケーキ
高知県香美市物部町婦人会 会長・中川幸子

 物部町婦人会は、二つの活動目的をもって発足しました。その一つが地域活性化で、地域の食材を使用した「食」について検討中に、物部といえばやっぱり「ゆず」だろうと考えました。
 物部町は高知県特産のゆず玉の出荷量日本一だからです。ゆず製品は数多く出回っていますから、これまでとは一味違うものをと試行錯誤しているうちに、地元大栃高校家庭クラブの「ゆず香るお菓子レシピ集」を知りました。
 大栃高校は平成22年に創立50周年を迎えましたが、残念ながら閉校が決まっていたのです。お世話になった地域へ恩返しをしたい、貢献できることはないか、閉校後も大栃高校があったという証しを残したいとの思いから、家庭クラブがこのレシピ集を作成したもので約30種が収められています。
 大栃高校と私たちの婦人会とは2年ほどの交流がありましたので、地域活性化に向けて、高校生たちの熱い思いとこのレシピを受け継ぐことになったのです。
 たくさんのレシピの中から好評だったパウンドケーキを基本に、地元のゆず、かぼちゃ、しょうが、チョコレート、ブランデー入りにアレンジしました。ゆずクッキーもあります。また、昔から地域の人たちに親しまれてきた、地元の具材、柚子酢で作る五目寿司なども予約販売しています。

 連絡先=ポンド・エ・トッティ(予約販売)
 FAX=0887(58)2460

→「地域社会」のページへ