467号(15年7月)

平成27年度 男女共同参画社会づくりにむけての全国会議

6月24日、東京国際フォーラム
  6月24日東京国際フォーラムで、男女共同参画社会づくりに向けての全国会議が開催され、1000人が参加しました。キャッチフレーズは「地域力×女性力=無限大の未来」。今年は「身近な女性の活躍を地域ぐるみで応援するキャッチフレーズ〜女性の力を活かして元気な地域社会をつくるために〜」を募集し、応募総数2331点の中から千葉県の坂本直哉さんの作品が選ばれました。

 有村治子担当大臣は主催者挨拶で、全国大会の開催意義や政府の取り組みについて話されました。女性に参政権がなかった70年前に触れ、先人たちの苦労のお蔭で現在の権利を手にすることができたこと、「元始、女性は太陽であった」の平塚らいてうや、「婦選は鍵なり」「権利の上に眠るな」と述べた市川房枝について語り、今の時代の軽さに警鐘を鳴らしました。

基調講演

 東京大学大学院経済学研究科の伊藤元重教授が「アベノミクスにおける地方創生と女性の活躍」と題し、(1)人を動かす社会的インセンティブは何か(2)地方について、経済学の視点から話されました。
 先ず、女性の活躍推進や男女共同参画は大事なことであり、みんながそちらに向かって動いているから私も動く、という雰囲気を作ることである。女性の活躍については、さまざまな障壁があり、税制や社会保障、職場の仕組みや慣行などのボトルネックを変えるのは政府の役割であるが、政策として動くには時間がかかる。
 人が実際に活動するのは地域である。地方の人口減少と地方から大都市への人口移動は続くので、地方の労働力不足というハンディをチャンスに変えるために時代は変わろうとしており、地域の成功事例から学び、それを横発展できるよう、情報交換して全国に広げることが必要である。
 アベノミクスは、成長戦略とデフレからの脱却に取り組んでいるので、国民全員参加の改革がポイントである。
 特別応援メッセージはレーシングドライバーの井原慶子さんが、2014年のル・マンシリーズで女性ドライバーとして最高位を獲得するまでの足跡を交えながら、自動車産業における女性の育成と活躍しやすい環境づくりに力を注いでいるとメッセージを発しました。

4つの取り組み事例

 取り組み事例では、女性の力で地域の活性化を実現している4つの事例が紹介されました。(1)有限会社COCO‐LOは、フレキシブルな勤務態勢で女性の有資格者に雇用を創出。作業療法士等の有資格者が病院以外の施設でリハビリサービスを中心に提供する、通所型の介護サービス事業を起業(2)農事組合法人きすみの営農女性部「きすみの・ふぁ〜む」は、新たな地域農業の担い手として農業未経験の女性たちが活躍。今では大型農業機械を操るまでに成長し、新たな農業の担い手として活躍(3)東近江市商工会・八日市商工会議所は、身近な分野における起業に向けた第一歩を踏み出すチャンスを創出。女性が雑貨店やカフェなど小さなお店を開くことに的を絞り、そのためのノウハウを学ぶ「創業塾」を開催(4)特定非営利活動法人子育て支援ネットワークとくしまは、自身と同じ悩みを抱える母親に向けて幅広い活動を行い、地域での取り組みをリードしている。
 続いて石破茂地方創生担当大臣が、地方創生に向けた政府の取り組みを話しました。

パネルディスカッション

 テーマは「女性の活躍が地方を元気にする」、NHKの伊東敏恵ナウンサーがコーディネーター、4人のパネリストを迎えそれぞれの立場と持論を交え、女性の活躍する可能性、それを支える環境整備等について、熱い議論がされました。
 秋好陽介さん(ランサーズ株式会社代表取締役)は、仕事の受託者と発注者、両方の立場を経験し、個人と法人のマッチングサービスを思い立ち、日本初のインターネットで仕事の取引を行うクラウドソーシングサービスの提供を開始。
 川北秀人さん(IIHOE「人と組織と地球のための国際研究所」代表者)は、市民団体のマネジメントや、企業の社会責任への取り組みを支援するとともにNPOや市民団体と行政との協働の基盤づくりをすすめ、毎年約60の自治体で、職員や市民との合同研修を担当。
 佐藤郁子さん(株式会社JTB総合研究所コンサルティング事業部主任研究員)は、地域の観光ポテンシャル評価や、着地型旅行商品に関する研究、インバウンド基礎調査などを手がける。
 鈴木英敬さん(三重県知事)は、2011年4月三重県知事に当選し、36歳の全国最年少知事となる。子どもが生まれたことをきっかけに、自らも育児休業を取得し「イクボス宣言」を行うなど、「子育て支援」や「少子化対策」にも積極的に取り組み、家族を大切にできる日本づくりに日々奮闘している。
 最後にキャッチフレーズへの問いかけでパネリストから、それぞれの思いが伝えられ、全国大会を締めくくりました。
 地域力×女性力=秋好さん、日本の課題解決=川北さん、もっと元気で長生きしたくなる社会・ニッポン=佐藤さん、Value 価値幸福実感の向上=鈴木さん。