463号(15年3月)

地域活動ニュース(秋田)

事業の充実をめざして
秋田県会長 小玉喜久子

講師は鍵山文彦さん=潟上市飯田川公民館

 秋田県婦連は、14郡市連合婦人会、148単位婦人会で構成され、学習と実践の団体として地域づくりを担って活動しています。
 昨年8月の第64回全県婦人会大会には1400人の会員が集い、盛会に終えることができました。10月、第29回国民文化祭が秋田県で開催され、市町村が特色あるイベントを企画して、婦人会もその一翼を担いました。
 全地婦連からの委託事業である、元島民の北方領土を語る会、防災学習会、女性のためのくらしとお金の教室などは、活発な活動につながる事業でした。女性のためのくらしとお金の教室は、講座8回(4日間)、1コマ90分が1日2コマということで、参加者の不安もありましたが、行き届いた資料と素晴らしい講師のお話は、回を重ねるごとに興味が増し、好評で、受講者は恵まれた機会に感謝しました。最近も、「テキストを見たりして役に立った」と喜ばれ、話題になりうれしいことでした。活動の充実につながった事業となりました。