459号(14年11月)

LPガス消費者保安推進大会
石川県婦人団体協議会が受賞

表彰状を手に左から藤多典子会長と東香代子事務局
 10月23日、東京一ツ橋の如水会館で、経済産業省とLPガス安全委員会主催のLPガス消費者保安推進大会が開催されました。
 この日、石川県婦人団体協議会は、LPガス安全委員会長特別表彰として、模範保安活動表彰を受賞されました。おめでとうございます。
 表彰式後藤多典子会長は、「LPガスさん、ありがとう」と題して、受賞者体験発表を行いました。
 藤多会長は、LPガスは日常生活に一番大切で、暮らしを便利にしている、被災地支援に役立つことなどを挙げ、婦人団体としての活動について(1)傘下の地域婦人会が防災学習会を開催するときに、LPガス安全委員会から支援をいただき感謝している(2)昭和31年に始まった事業「石川県女性県政会議」では、県への政策提言などをしている(3)社会教育団体として、生涯学習活動を推進し、地域の活性化につなげる多くの事業を実施していることなどを紹介しました。
 石川県で防災に強い関心が持たれるようになったのは、2007年の能登地震からですが、最近は各地区で取り上げる課題の中に防災に関するものが多くなってきています。 中でも防災学習会はよく開かれ、LPガス保安啓発などの支援事業が大いに活用され、限られた予算以上の成果を収めていますと、藤多会長は発表を締めくくりました。