457号(14年9月)

第62回全国地域婦人団体研究大会を10月19日・20日、
福島県会津若松市で開催

 第62回全国地域婦人団体研究大会は、北海道・東北ブロック大会と福島県女性大会を併催して、10月19日(日)・20日(月)に福島県会津若松市で開催されます。テーマは「世界に誇れる安心、安全な“うつくしま ふくしま”の新生〜次世代に持続可能な環境を〜」です。
 2011年の東日本大震災から3年7カ月、大きな被害を受けた福島県で全国大会を開催できることは、開催県の大変な決意と会員の大いなる努力のたまものと考えます。全国の加盟団体からも、復興支援の意味もこめて多数の参加が予定されており、全国および福島県内から1700人が参集します。
 1日目は会津大学を会場に、「男女共同参画の推進」「食と健康」「環境・エネルギー」「高度情報化時代」「会津の歴史」の5分科会に分かれて討議します。
 2日目は会津若松市の會津風雅堂に会場を移して、大会を開催します。前NHK解説委員長の柳澤秀夫さんに、「記者生活37年から見えてきた世界、そしてふるさと“ふくしま”」と題して話していただきます。