451号(14年3月)

地域活動ニュース(静岡)

1年生「無事カエル」
宮崎市清武町地域婦人連絡協議会会長 宮本和子

交通安全の願いを込めたマスコット


無事カエルのプレゼントをはじめて7年、今年も350箇を学校に届けます

 花咲く四月は入学式、今年も新しい1年生を迎えます。私たちは町内にある3つの小学校の1年生が毎日無事に帰宅できるようにと、願いを込めたカエルのマスコットを毎年贈っています。
 マスコットは緑のフエルト製で、動く目玉と鈴と「祈・交通安全」の札をつけ、ていねいに一つひとつ縫い上げています。
 11月になると、月に2、3回ほど町の文化会館に集まって作ります。作業が残ると自宅に持ち帰り、次回の作業日までに仕上げて持参し、毎年350箇を作って学校に届けています。
 新年度が始まると学校を訪問し、マスコットを渡しながら交通ルールなどを説明します。「無事カエル」の意味や、マスコットといっしょにセロファンの袋に入れた赤・黄・青の色紙の意味、横断歩道の渡り方などを子どもたちに教えています。

「あっ、カエルのおばちゃんだ」

 このマスコットのプレゼントを始めて7年になりますが、私たちの顔を覚えてくれた子どもたちから、「あっ、カエルのおばちゃんだ」と言われるのは本当にうれしいものです。
手づくりのためそれぞれ表情は少しずつ違いますが、真心込めて作ったマスコットと一緒に私たちも、子どもたちが交通ルールを守り、毎日「無事にカエル」を見守っていこうと思っています。