418号(11年6月)

消費者月間にちなんで地婦連団体が表彰されました
(金沢市校下婦人会連絡協議会・静岡県地域女性団体連絡協議会)

 消費者庁では、毎年5月を「消費者月間」とし、消費者問題に関する事業を集中的に行っています。
 平成23年度は「地域で広げよう 消費者の安全・安心」をテーマとしたシンポジウムが、5月30日、三田共用会議所(東京都)で開催されました。
 第1部は、消費者支援功労者被表彰者の紹介と、民間団体による表彰として、全国消費者団体連絡会の第1回「いきいき消費者行政パートナーシップ表彰」と、消費者関連専門家会議の「ACAP賞」の表彰が行われました。
 第2部では「地域で広げよう 消費者の安全・安心」、「食品と放射能」のテーマで、2つのシンポジウムが行われました。

 受賞おめでとうございます

○金沢市校下婦人会連絡協議会(石川県)が内閣府特命担当大臣表彰を受賞しました

 金沢市では婦人会が長年地道な消費者活動に取り組んできています。消費者支援功労者表彰を受賞した高田千恵子会長は、「先輩が続けてきた活動が認められて、とてもうれしい」と笑顔で感想を述べました。
 金沢市校下婦人会連絡協議会は、金沢市内の各地域(校下)婦人会が連携・協力し、家庭における生活改善や青少年の健全育成などに取り組むことを目的に昭和24年結成されました。以来、金沢市と連携して、さまざまな活動を継続し、現在では「安全・安心なくらしづくり」「男女共同参画の推進」「女性のいきがいづくり」などを目的に5つの委員会と4つの特別委員会を設置、その時代や社会に応じた諸問題について、各委員会が積極的に取り組み、消費者に対する啓発教育活動や、消費者被害の防止、救済活動などに尽力しています。
 毎年数回の講演会のほか、悪質商法や振り込め詐欺について、高齢者等にもよりわかりやすく示し、被害を防ぐため、その手口や被害防止方法を寸劇で上演しています。
  また、各地域単位で消費生活改善研究グループ活動を行い、結果を毎年実施している発表会において発表・提供し、成果の共有を図っています。

○静岡県地域女性団体連絡協議会が「いきいき消費者行政パートナーシップ表彰」を受賞しました

 静岡県女連(長野蝶子会長)が、県と連携した活動を評価され、いきいき消費者行政パートナーシップ表彰を受賞しました。
 消費者被害撲滅のため活動、消費者向け講座開催など、教育・啓発に、静岡県くらし環境部県民生活課と連携して取り組んでいます。
 長野会長は「今後とも地域社会づくりの要となって行政からの期待に応えていきたい」と抱負を述べました。

→「消費者問題・経済生活」のページへ