412号(10年12月)

ダメです!クレジットカードの
「ショッピング枠現金化」

クレジットカードの
「ショッピング枠現金化」問題で


トラブル多発!!

     ご相談は下記へ

消費者ホットライン
  (消費者庁) 0570‐064‐370
金融サービス利用者相談室
  (金融庁)  0570‐016‐811
          03‐5251‐6811 
 最近、「クレジットカードのショッピング枠を現金化できます」とうたう業者をめぐって、トラブルが多発しています。
 「クレジットカードで買い物をすれば、現金をキャッシュバックします」あるいは「クレジットカードで買ったものを現金で買い取ります」などとうたい、利用者には買い物のあとに、現金化業者から現金が手に入りますが、後日、クレジット会社からもっと高額の請求をされます。つまり、その差額が現金化業者の儲けになるというカラクリなのです。
 結局、「現金化」をうたう業者を利用してしまうと、いったん現金を手にできるだけで、損をする仕組みなのですが、いい加減な説明で「安心で簡単」などと信じ込ませる業者が横行し、被害が後を絶ちませんす。
 また、こうした「現金化」でお金を手に入れてしまうと、結局は返済能力を超える債務を負う可能性が高い上に、クレジットカード会員規約に違反することにもなり、カードの利用が停止されるおそれがあります。
 借入や返済でお悩みの方は、クレジットカードの現金化を考えるのではなく、専門の相談窓口に相談することが解決につながります。
 消費者庁では、こうしたトラブルを防ぐために、消費者がクレジットカードのショッピング枠を換金目的で利用することを止めるよう呼びかける「ストップ!クレジットカード現金化」キャンペーンを実施しています。消費者庁のウェブサイトでも詳しい情報が発信されています。 
「クレジットカードのショッピング枠の現金化」は×
http://www.caa.go.jp/credit/

(消費者庁のホームページより)


消費者=さらなる借金増! 現金化業者=差額の儲け!!

→「消費者問題・経済生活」のページへ