407号(10年7月)

「公正取引委員会」の活動について学んでみませんか?

 公正取引委員会は、市場における公正かつ自由な競争を促進し、事業者の自主的な判断と自由な活動を支える「独占禁止法」を運用するために設置された国の行政機関です。
 独占禁止法が適切に運用されることで、事業者は、自らの創意工夫によって、より安くて優れた商品を提供して売上高を伸ばそうとするため、消費者はニーズに合った商品をよりよく選択できるようになったり、事業者間の競争によって消費者の利益が確保されるようになります。
 つまり公正取引委員会の仕事は、私たちの暮らしに密接に関わっているのです。
 公正取引委員会では一般消費者向けに、霞ヶ関にある庁舎の見学ツアーと、全国各地で独占禁止法について学ぶことができるよう、講師派遣を行っています。
 みなさんもぜひ、見学や研修の機会をつくってみませんか?

〈申込先〉
公正取引委員会 事務総局官房総務課広報係
(担当 藤山・佐藤)
   電 話:03‐3581‐5471(内線2317)
   FAX:03‐3581‐1963

■公正取引委員会の庁舎見学ツアー

開催時期:2010年7月〜11月
時間:午前10時〜12時
内容:
・公正取引委員会の活動や独占禁止法につい ての説明
・公正取引委員会委員との懇談会(記念撮影)
・職員との意見交換
・施設および業務の見学
申込方法=次の事柄を、下記申込先へ電話またはFAXでご連絡下さい。
・主催団体名 ・連絡先 
・参加予定人数(10名程度)・希望日時
■独占禁止法出前講座(講師派遣)

開催時期:随時
時間:1〜2時間(応相談)
内容:私たちの暮らしと独占禁止法の関わり
(説明のほかにシミュレーションゲームを取り入れ、楽しみながら理解を深められるものとなっています)
講師:公正取引委員会事務総局職員
費用:講師への謝金・交通費は不要。会場提供と参加者への案内は申込者が行って下さい。
申込方法=次の事柄を、下記申込先へ電話またはFAXでご連絡下さい。
・依頼者名 ・連絡先 ・参加予定人数 
・希望日時 ・開催場所

→「消費者問題・経済生活」のページへ