403号(10年3月)

『消費者問題基礎資料集成7
全国地域婦人団体連絡協議会』増刷へ

 貴重な歴史資料を手がける(株)すいれん舎が出版する『消費者問題基礎資料集成』は、経済発展の負の部分を是正するために消費者問題に取り組んできた、日本を代表する消費者団体や専門団体の貴重な運動資料をまとめたシリーズです。
 第7巻は「全国地域婦人団体連絡協議会」で、全地婦連ならびに東京地婦連の機関紙の創刊号からの縮刷版と(※)、地婦連という組織やその活動・運動(特に消費者運動)ついて、全地婦連事務局長(当時)と専門家が解説した冊子(「別冊 解題・資料」)がセットになっています。
 他の巻では、主婦連合会、日本生活協同組合連合会、日本消費者協会、日本弁護士連合会などが取り上げられています。
 全地婦連を扱った第7巻は2007年10月に発刊されましたが、海外を含む、大学等の研究機関からの購入申し込みが相次ぎ、このたび増刷が決まりました。
 このような形で、地婦連の活動の戦後の日本社会における重要性が、専門的にもまた海外でも改めて認められるようになってきています。
 第7巻のパンフレットでは、以下の各専門分野にも関連した資料であると紹介されています。そこからは、地婦連の女性たちの活動が、いかに幅広く行われてきたかと、戦後の社会発展の理解に不可欠であることがわかります。

 マーケティング・消費者問題・商品生活科学・生活経済・食品関連・消費経済・社会運動・都市社会学・地域社会学・ジェンダー・女性学・女性史・婦人運動・消費者法・民法・商法・企業法・環境法・環境関係・農学関係
※『全地婦連』が創刊されるまでは、東京地婦連の『婦人時報』を通して、中央政府の情報や全国レベルの運動・取り組みについて発信されていたため。

→「男女共同参画社会の実現」のページへ
→「提言活動」のページへ
→「消費者問題・経済生活」のページへ