382号(08年6月)
表現しよう!!消費者の立場で考え行動する 消費者行政新組織
5・27全国集会開催!
 5月27日、東京の永田町で消費者・生活者の立場に立った新消費者行政組織の実現をもとめる全国集会が開催され、全地婦連からも会長、副会長、理事ら24人が参加しました。
 
集会のもようと参加した全地婦連理事
  集会は、全地婦連を含む50以上の消費者団体・専門家などでつくるユニカネットが主催したものです。現在政府が新消費者行政組織の構想を進めていますが、縦割り行政を排除し、地方の消費者行政を充実させて、多くの消費者被害を未然に防ぎ、被害者が救済される社会の実現が求められます。
 当日は福田総理からのメッセージが読み上げられ、パロマ湯沸かし器の事故でお子さんを亡くされたお母さんや多重債務経験者からの訴えなどがあり、各政党の国会議員からあいさつもありました。

→「消費者問題・経済生活」のページへ