ホームへ
コンテンツ
全地婦連とは?

全地婦連のあゆみ
誕生〜運動の広がり〜現在

サイトマップ
このホームページの見取図

取り組み分野
男女共同参画社会の実現
提言活動
住民自治
地域社会
消費者問題・経済生活
環境・食生活
子育て・教育
福祉・健康
平和運動
北方領土問題

全地婦連の事業
全国研究大会
ブロック会議
研修・講座
連携・提言活動ほか
映像・資料など
その他
ご案内・バックナンバー

知りたい知らせたい 全国各地の会員の活動
べんりなリンク集

ちふれ化粧品
地婦連の女性たちの
運動から生まれて


桜映画社

政治参画
(提言活動/女性と政策・政治)

 平和や社会保障に関する重要な議論が国会で取り上げられていますが、2005年12月時点の女性議員比率をみると、衆議院議員9.0%・参議院議員14.0%、2004年時点の都道府県市区町村の全地方議会議員は8.1%と、依然として低い状況です。実際、国連開発計画が発表している、政治及び経済への女性の参画の程度を示すジェンダー・エンパワーメント指数でも、64ヶ国中38位と低位です(2004年度。女性の所得、専門職・技術職に占める女性の割合、行政職・管理職に占める女性の割合、国会議員に占める女性の割合を用いて算出)。各地の地域婦人団体では、戦後すぐに全国的な取り組みとして各地で展開した選挙浄化運動、「婦人議会」の開催などがあります。現在も日常的に取り組む活動の蓄積を通して、さまざまな提言活動、政策決定過程への参画に取り組んでいます。

〔全地婦連の主な取り組み〕

  • 各種懇談会等への参加、提言活動、他団体との連携等を通した政策決定過程への参画
  • 政治学習の機会づくり、女性の政治参画に関する情報収集・発信