ホームへ
コンテンツ
全地婦連とは?

全地婦連のあゆみ
誕生〜運動の広がり〜現在

サイトマップ
このホームページの見取図

取り組み分野
男女共同参画社会の実現
提言活動
住民自治
地域社会
消費者問題・経済生活
環境・食生活
子育て・教育
福祉・健康
平和運動
北方領土問題

全地婦連の事業
全国研究大会
ブロック会議
研修・講座
連携・提言活動ほか
映像・資料など
その他
ご案内・バックナンバー

知りたい知らせたい 全国各地の会員の活動
べんりなリンク集

ちふれ化粧品
地婦連の女性たちの
運動から生まれて


桜映画社

福祉・健康
(地域医療/社会保障/高齢者・障害者/結核・エイズ等感染症対策)

 日本は高齢社会を本格的に歩んでおり、人口も2005年に減少へと転じました。少子化対策の取り組みはもちろん緊急の課題ですが、一方でそれは、効率重視の画一的な社会を超え、ゆとりある多様性を重視した社会を模索できる状況が生み出されつつある、と捉えることもできます。各地の地域婦人団体では従来から、高齢者福祉関連の活動などに熱心に取り組んできましたが、ユニバーサルデザインの視点を活かしたまちづくりの模索・提案、市町村合併に伴う行政の福祉サービスのチェック、地域医療の重要性に対する意識の喚起、地域防災など、健康と命にかかわる問題に対しての関心は、さらに高まっています。